「大学図書館問題研究会誌」刊行頻度変更のご案内

2019年1月11日(金)

  2019年より「大学図書館問題研究会誌」(以下、「会誌」とします)を年1回8月の発行に変更いたします。

  「会誌」は2013/2014年度より、「大図研シリーズ」を吸収するかたちで年2回発行しておりましたが、常任委員会および全国委員会にてそれぞれご議論いただいた結果を受けまして、 刊行頻度を変更するとともに、併せて査読制度を整備し、「会誌」の質の向上を図ります。46号(2019年8月号)より、投稿論文を対象として、刷新した査読制度を適用します。「大学図書館問題研究会誌査読規程」を後日、大図研ウェブサイトに公開いたします。

  これらの変更により、大図研の会員、ひいては大学図書館員が産み出す成果物の価値を高めるとともに、「大学図書館問題研究会誌」を査読誌としてその質を高めていきたいと考えています。

とはいえ、論文の投稿をお考えの会員に「会誌には査読がある!」と身構えられてしまうことは会誌編集小委員会の望むところではありません。むしろ、査読制度がどのようなものであるかを会員のみなさまに経験いただくための場を、「大学図書館問題研究会誌」が提供しているとお考えいただければ幸いです。 ぜひ、ご投稿くださいますよう、お願い申し上げます。

  また、書評、イベントの報告などはこれまでと同様、査読の対象外となります。今後、会誌編集小委員会から書評、報告等の執筆依頼が会員のみなさまのお手元に届きましたら、ご協力いただけますとありがたく存じます。
  46号の投稿締切は2019年6月末日とします。会員のみなさまの玉稿をお待ちしております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。